証券会社

マネックス証券で即時入金する方法〜急いでいても即効振り込まれます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「今すぐ買いたい株がある!」「IPOのブックビルディングの期限があと1時間しかない・・・」

こういう時に証券口座に資金が入っていれば問題ないですが、資金が入っていない場合に、入金に1日とかかかっていたら投資タイミングを逃してしまいます。

しかし、マネックス証券ならあっという間に俊足で振り込まれる「即時入金」があるので、急いでいる時でも安心です。

今回は実際にマネックス証券で「即時入金」をしながら、手順を解説したいと思います!

マネックス証券で即時入金する方法

マネックス証券の管理画面にログインしたら、まず「買付可能額」をチェックして、メニューの「入出金」をクリックします。

ちなみに、今回の例では私の入金前の「買付可能額」は194,782円となっています。

「入出金」メニューの上にマウスをロールオーバーすると、サブメニューが表示されます。

ここで「入出金」をクリックします。

次のページでは、左に「マネックスに入金する」、右に「マネックスに出金する」とありますが、ここでは即時入金なので、緑色の「即時入金指示(インターネットで入金)」をクリックします。

振込する金融機関を選びます。

マネックス証券で即時入金に対応している銀行は以下の7つです。

  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ソニー銀行

メガバンクにも対応していますし、ネットバンクにも対応しています。

私は複数の銀行を使っていますが、証券口座の入金用には「ジャパンネット銀行」を使っています。

金融機関を選んだら、「次へ(入金の流れ)」ボタンをクリック。

このページでは「入金の流れ」を確認するだけです。

初回だけは「口座振替契約」という作業が発生しますが、2回目からは省略されます。

とりあえず、ここは「次へ(金額入力)」ボタンをクリックします。

次のページでは、入金額を入力します。

私はジャパンネット銀行に39万9112円入っていたので、ここでは「399112」と入力しました。

「399,112」と「,」を入れずに、数字のみで「399112」と入力します。

入金額を確認したら「実行する」ボタンをクリック。

これで入金依頼が完了です!あっという間です。慣れれば1分もかからないと思います。

私の経験だと、この時点ですでに入金は完了していますが、念のため、確認してみましょう。

「入金指示一覧」ボタンをクリックします。

「状態」が「振込中」となっていますが、私の経験だとすでに入金されています。

左上の「ロゴ」か「MY PAGE」をクリックして、管理画面のトップページで「買付可能額」を確認してみましょう。

「買付可能額」が「593,894円」になっています。

入金前は「194,782円」で、入金額は「399,112円」なので、「194,782円 + 399,112円 = 593,894円」です。

秒速で振り込まれました。

これなら急いでいる時でもチャンスを逃さずに投資できます。

マネックス証券は私も口座開設し、いくつかの銘柄に投資してますが、ネット証券を選ぶなら「SBI証券」と共に、必ず口座開設したい証券会社となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る