株式投資

株の勝率を上げたければ情報の効率性が悪い小型株を狙え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

情報の効率性が悪い 小型株を狙え!

「株式投資を始めたけど、ずーと負け続き・・・私って投資に向いてないのかな・・・」

こんな風に思っている人って意外と多いんです。

こういう人に限って、大型株ばかりに投資しています。

みずほ銀行、ファナック、大成建設、ダイキン工業、三菱重工業、ソフトバンクといった大企業に。

誰もが知っている優良企業に投資してしまうんですね。

まるで、就職活動のように「大企業なら安心だろう」という心理が働くのでしょうか?

しかし、就職活動と株式投資は別物です。

株で連戦連敗の人にオススメしたいのが「小型株」への投資です。

おそらく、聞いたこともないような会社ばかりだと思います。

でも、だからこそ勝つチャンスがあるのです。

大企業の株はサプライズが起こりづらい

大企業は情報開示の透明性が高いので、決算内容を推測するための材料が普段からたくさん出てきます。

さらに、証券会社のアナリストも大企業を取材してレポートを配信したり、何か注目すべき動きがあれば、機関投資家に情報を流します。

このようなガラス張り状態なので、大企業の株価ではサプライズが起こりづらい環境になっているのです。

決算短信が出る頃には、たいていのことは株価に織り込み済みとなっているのです。

一方、小型株ならアナリストも張り付いていませんし、情報もたくさん出てこないので、決算短信の内容に意外性があることが多くなり、サプライズも起こりやすくなるのです。

その結果、株価が2倍や3倍になることも珍しくありません。

弱者は情報の効率性が悪いところを狙うべし

株式投資の世界では、市場が効率的であった場合、未発表の情報も含む全ての情報は現在の株価に織り込まれていると考えます。これを「効率的市場仮説」と言います。

ただし、「市場が完全に効率的」ということはことはありません。

「効率性が高い市場」と「効率性が悪い市場」があるというのが本当のところです。

世界で最も効率的な市場はニューヨーク証券取引所(NYSE)と言われています。ロンドンや東京、香港もニューヨークに続く「効率性が高い市場」です。

さらに、企業の大小によっても効率性の差は出てきます。

大型株になるほど効率性が高いですし、小型株は効率性が悪くなります。

「効率性が高い市場」ほど、情報が調べつくされていて、将来の予想もされているので、「株価に織り込まれていない材料(認識ギャップ)」がなくなっていきます。

一方、「効率性が悪い市場」では参加者も少なく、「株価に織り込まれていない材料(認識ギャップ)」が多いので、業績の上方修正などのポジティブなニュースが出ると、素直に株価も上がるケースがあります。

それはつまり、その会社の本当の価値を分析しきれず、割安に放置されていたということです。

つまり、「効率性が悪い市場」では割安に放置されている割安株が多いということでもあります。

誰もが知っている大企業に投資するのではなく、こういった「効率性が悪い市場で割安に放置されている銘柄」を探すことに力を注いだ方が株で勝てるようになるということです。

小型株の情報が少ない裏の事情

投資で勝つためには、できるだけ情報が非効率なところを探して戦った方がリターンを得やすいのですが、こういった話は表になかなか出てきません。

その背景には証券会社による事情があります。

証券会社は投資家と上場企業の間を結ぶ手数料ビジネスです。

つまり、より多くの手数料を稼ごうというインセンティブ(動機)が働きます。

手数料をたくさん稼ぐには、投資金額が大きく、頻繁に売買される流動性が高い大型株に投資してもらうのが一番です。

だから、証券会社のアナリストが書くレポートは大企業ばかりなのです。

逆に、小型株の情報は出てきづらい状況になるのです。

小型株なら景気の影響も受けにくい

大型株の場合、景気の影響を受けやすいなります。

景気だけでなく、マクロデータや為替の影響も受けやすいのは大型株です。

しかし、小型株の場合、景気のような外部要因を受ける可能性は低くなります。

なぜなら、新興企業が多いので、ビジネスに勢いがあるからです。伸びしろがあるぶん、景気の影響を受けにくいのです。

トレンドの先端にいるような企業の場合なら、景気が低迷しても、業績はアップします。

それはつまり、今後、日本が不景気に陥ったとしても、小型株なら勝てる可能性が大型株よりも高いということです。

実際、リーマンショック後でも業績を拡大し、株価も下がらなかった企業はたくさんあります。

以上が、株の勝率を上げたければ、小型株を狙った方がいい理由です。

小型株(低位株)に関するオススメ本

目指せ10倍 低位株投資ライブセミナー
目指せ10倍  低位株投資ライブセミナー

個人投資家は低位株で儲けなさい (有望株・3倍株を安値で買い利益を出す5戦術)
個人投資家は低位株で儲けなさい (有望株・3倍株を安値で買い利益を出す5戦術)

【最新版】 個人投資家のための「小型株」で賢く儲ける方法
【最新版】 個人投資家のための「小型株」で賢く儲ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る