知っておきたい豆知識

米国の利上げの影響、アメリカが利上げすると世界はどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

米国利上げの影響とは?

ここ2年ほど、新聞やニュースでは「米国 利上げ」という言葉が頻繁に出てきます。

世間的には「いつ利上げが実施されるのか?」といったことに注目がいっているようですが、「米国が利上げすることによって、どんな影響があるのか?」といったことも気にしたいところです。

そこで、今回は米国の利上げの影響について考えてみたいと思います。

ただし、これから書くことはあくまでも推測であって、実際にどんな影響が起こるかは事前には誰にも分かりません。

そもそもなぜ利上げが必要なのか?

アメリカは2007年のサブプライムローン問題、2008年のリーマンショックによって景気が一気に悪化し、株価も大暴落しました。

この状況をなんとかしようと、金融緩和によって金利を下げました。

それ以来、アメリカはずーと低金利な状態が続いています。

米国10年債の金利は、2006年には5%台でしたが、2010年から現在まで2%台が続いています。

  • 2006年6月:5.145%
  • 2007年6月:5.027%
  • 2008年6月:3.975%
  • 2009年6月:3.537%
  • 2010年6月:2.935%
  • 2011年6月:3.160%
  • 2012年6月:2.345%
  • 2013年6月:2.487%
  • 2014年6月:2.532%
  • 2015年6月:2.349%

米国10年債推移チャート

参考:Investing.com:米国 10年 債券利回り

米国の中央銀行FRBは、金利を元の正常な数値まで戻したいと考えています。

2008年からはゼロ金利政策が続いていますが、金利が付かないというのは経済にとって理想的な状態とは言えません。

そのため、アメリカ経済が回復したら、FRBは徐々に利上げをしていく予定です。

2015年10月の雇用統計が前月比で27万人強増加という数値で出たことにより、2015年12月に利上げされる可能性がかなり高くなったと言われています。

ドル高円安になる

アメリカの金利が上がるということは、米ドルを持っていれば今まで以上に金利が付くということなので、米ドルが人気になり、ドル高になります。

その結果、相対的に円は円安になります。つまり、ドル高円安です。

実際、2015年10月の雇用統計の発表後、円相場は一気に1円以上円安に振れ、ドル円は1ドル123円台を付けました。

アナリストによっては、1ドル126円くらいまで円安になると予想している人もいます。

円安効果で日本株が上昇する

円安になると、海外にモノを売っている日本企業の利益が増え、業績が上がります。

日本は輸出で稼いでいる大企業が多いので、円安であることは輸出企業にとってはプラス材料です。

その結果、輸出関連銘柄の株価が上がり、日本株も全体的に上がることが予想されます。

実際、12月利上げの観測が高まった11月9日、日経平均株価の上げ幅は一時400円を超えました。

「輸出で稼ぐ自動車株」や「金利上昇による利ざや増加期待でメガバンク株」が買われたようです。

日本に来る外国人旅行客が増える(インバウンド増加)

円安になるということは、外国人からしてみると、以前よりも日本円を安く買えるということなので、日本への旅行者が増えることが予想されます。

訪日外国人(インバウンド)需要を通じて、内需関連銘柄にも買いが広がる可能性があります。

逆に、日本人からしてみると、海外のものがさらに高くなるので、海外旅行者が減ることが予想されます。

つまり、インバウンド銘柄は上昇傾向に、海外旅行関連銘柄は下降傾向になることが考えられます。

日本の食料品が値上がりする

円安になると、輸入コストが上がるので、海外から日本へ入ってくる食料品の値上がりが考えられます。

ただし、今後はTPPによる関税撤廃もあるので、値段が上がる食料品と上がらない食料品の二極化が起こるかもしれません。

新興国の成長が鈍化する

リーマンショック後の金融緩和で一番の恩恵を受けたのは新興国です。

アメリカは市場に出回るお金を増やし、さらに金利を下げたことにより、米ドルを持っている魅力が下がり、マネーの流れは新興国へと向かいました。

しかし、アメリカが利上げすると、以前よりも金利がたくさん付く米ドルの魅力が高まるので、新興国からアメリカへマネーが戻ることになります。

その結果、新興国の成長が鈍化し、新興国の株価も低迷する可能性もあります。

以上が現状で予想できる「米国の利上げの影響」ですが、株価も為替も誰も予測はできません。

実際にどう動くかは、その時になってみないと分からないですし、予測とは逆の動きをする可能性もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る