投資信託

騰落率(シャープレシオ)とトータルリターンを見れば投資信託が儲かっているかどうか分かる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資信託の 騰落率とトータルリターン

「投資したい投資信託があるんだけど、ぶっちゃけ儲かっているのだろうか?成績はどうなんだろうか?将来性はあるのだろうか?」と思うことがあります。

そんな時は、投資信託の「騰落率(とうらくりつ)」と「トータルリターン」をチェックすれば、その投資信託の過去から現在に至るまでの儲けがひと目で分かります。

ですから、投資信託を購入前には、基準価額純資産総額だけでなく、「騰落率」と「トータルリターン」もチェックするようにしましょう。

騰落率(シャープレシオ)

騰落率は「とうらくりつ」と読み、投資信託の基準価額(値段)の変動率を知ることができます。

「騰」には「上がる」という意味があるので、「値段が上がったり落ちたりする率」というワケです。

たとえば、1万口あたり1万円の投資信託の基準価額が1万2000円まで値上がりしたら、その投資信託の騰落率は「プラス20%」ということです。

逆に、基準価額が8000円まで下がったら、騰落率は「マイナス20%」になります。

分配金が支払われる投資信託の場合、分配金のぶんだけ基準価額が下がるので、分配金を再投資したものとして騰落率を計算しています。

騰落率は「シャープレシオ」とも言います。英語では「Sharp Ratio」と言うので、それをカタカナで日本でもそのまま使っているのです。

つまり、「騰落率=シャープレシオ」ということです。

騰落率(シャープレシオ)を調べたい場合、「モーニングスター」や「投信まとなび」のような投信情報サイトでチェックできます。

たとえば、人気の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の騰落率をチェックするとします。

モーニングスターの場合、トップページの「パフォーマンス」の「シャープレシオ」をチェックします。

モーニングスターの騰落率(シャープレシオ)

投信まとなびの場合、「パフォーマンス詳細表」をチェックします。

投信まとなびの騰落率(シャープレシオ)

トータルリターン

投信投信の儲けを知る指標のうち、「騰落率」とともにチェックすべきなのが「トータルリターン」です。

トータルリターンをチェックすれば、対象期間にその投資信託の基準価額(値段)がどれほど変動したのかが分かります。

どちらかというと、トータルリターンの方が体感的に分かりやすいかもしれません。

トータルリターンも「モーニングスター」や「投信まとなび」のような投信情報サイトでチェックできます。

モーニングスターのトータルリターン

モーニングスターでは、「リターン」のページを見れば、さらに詳しいトータルリターンを見ることができます。

投信まとなびのトータルリターン

「投信まとなび」の「年率換算」は「1年あたりのリターンで見ると」という意味です。

今までよかったから今後も良いわけではない

騰落率(シャープレシオ)とトータルリターンをチェックする時に、1つだけ頭の片隅に置いておくべきことがあります。

それは、「過去の成績が良かったからといって、今後の成績も良いわけではない」ということです。

逆に言うと、過去の成績がぱっとしない投資信託でも、将来的には値上がりする可能性もあるということです。

これは投資の難しさであり、投資の醍醐味でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る