投資信託

投資信託は販売会社、運用会社、信託銀行の3つで作られている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投信信託、販売会社、運用会社、信託銀行

投資信託は以下の3つの会社によって作られています。

  • 販売会社・・・投資信託を売る会社
  • 運用会社・・・投資信託を作る会社
  • 信託銀行・・・株式や債券の売り買い、資金を管理する会社

それぞれについて詳しく説明します。

販売会社

投資信託は販売会社を通して売られます。

つまり、私たち投資家は、販売会社で投資信託を購入するのです。

販売会社には「銀行窓口」「店舗の証券会社」「ネット証券」などがあります。

オススメは「ネット証券」です。

なぜなら、ネット証券が一番手数料が安いからです。

「銀行窓口」や「店舗の証券会社」だと、購入時の手数料が3%前後かかるのが一般的です。

100万円を投資したら、最初に3%にあたる3万円が手数料として引かれてしまい、97万円からスタートするということです。

一方、ネット証券の場合、購入時手数料が0円の投資信託が一般的です。

「銀行窓口」や「店舗の証券会社」で3%の購入時手数料がかかる銘柄でも、ネット証券なら0円ということもあるくらいです。

投資家は株価の動きはコントロールできませんが、コスト(手数料)だけは自分でコントロールできます。

むしろ、投資において唯一コントロールできることがコスト(手数料)ですから、コストの安いネット証券で口座開設するのがオススメです。

運用会社

投資信託の中身を作っているのが運用会社です。

どの会社を組み込むのか?

どの地域に投資するのか?

株式か?債券?REITか?などなど、こういった投資信託の中身を決めていきます。

運用会社は「◯◯アセットマネジメント」や「◯◯トラストマネジメント」、「◯◯投信」といった名前の会社が多いです。

運用会社の中には、自分で販売も手掛けるところもあります。これを「直販投信」と言います。

信託銀行

信託銀行が行う作業は2つあります。

1つ目は、運用会社からの指示にしたがって、株式や債券の売り買いをします。

運用会社は投資信託に組み込む銘柄を決めるだけで、実際の売り買いは信託銀行が行うのです。

2つ目は、投資家から預かった資金の管理・保管です。

管理・保管といっても、自社の財産とは分けて管理することが法律で義務づけられています。

3つのうちどこかが倒産したらどうなるの?

投資信託は「販売会社」「運用会社」「信託銀行」の3つで作られていることを理解してもらえたと思いますが、中には「どれか1社が倒産したら、預けた資金はどうなるの?」と不安に思う人もいるかもしれません。

結論からいうと、倒産する会社があったとしても、投資したお金はしっかり守られますので安心して下さい。

販売会社が倒産しても、別会社に移管するだけです。

運用会社が倒産しても、別会社に引き継がれるか、繰上償還されるだけです。

繰上償還とは、投資信託の運用を強制的に終了し、その時の時価で現金化されることを言います。

信託銀行が倒産しても、自社の財産とは別に管理・保管されているので、投資したお金がなくなることはありません。

別の信託銀行に資金が移管されるか、時価で戻ってくるかのいずれかです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る