投資信託

低コストで株式と債券に世界分散投資したいならセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドがオススメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界の株式と債券に分散投資

世界中のファンドの中で一番低コストな運用商品といえば、今なら米国バンガード社が運用するファンドだと思います。

たとえば、S&P500指数に連動するETFの場合、信託報酬は0.05%と日本では考えられない低さです。

このETFは日本のネット証券から購入することができますが、米国株なので色々と手続きが面倒というマイナス点があります・・・。

日本から米国ETFを買うには

日本から米国株を買う場合、以下のような作業が必要です。

  • 外国株取引口座を開設
  • 日本円を米ドルに両替
  • 米国市場が開いている時間帯で取引(日本時間の夜間)

また、ネット証券に支払う以下の手数料がかかります。

  • 両替時に為替手数料が1ドルにつき0.25円
  • 購入時に取引手数料が約2500円

つまり、日本からバンガードをETFを買おうと思ったら、手間もコストもそれなりにかかるということです・・・。

いくら、バンガードETFの信託報酬が安くても、これだとそのメリットを100%享受できません。(ただし、取引額が100万円以上なら取引手数料のコスト比率がかなり低くなるので、低コストで買うことができます。)

では、日本からバンガードの銘柄に低コストで簡単に投資する方法はないのか?

実はあります!

わざわざ、米国株を買う必要はありません。

日本から日本円で購入できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に投資すればいいだけです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの特徴

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」はバンガードの8銘柄に投資する投資信託です。

これ1本で株式と債券に50%ずつに比率で投資できます。

株式と債券は基本的に逆の値動きをするので、50%ずつ投資することでリスク分散になります。

さらに、これ1本で全世界に投資できるので、世界分散投資が完了します。

そして、肝心の手数料ですが、購入時手数料は0円、信託報酬は0.69%と非常に低コストになっています。

つまり、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」だけあれば、低コストで株式と債券に世界分散投資できるということです。

しかも、月々5000円からできる「定額積立プラン」もあるので、それほど資金に余裕のない人でも投資できます。

銀行に預金していても世界の成長を享受できませんが、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に積立投資すれば、世界の成長を享受できます!

グローバル資本主義社会では、どこかの国が落ち込んでいても、どこかの国は成長しています。

日本の経済がダメでも、これからどんどん伸びている国があるのです。

そして、世界のマネーは伸びている国に向かいます。

組入銘柄〜米国ETFでは買えない銘柄に投資できる

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に組み入れられている銘柄は以下の8本です。

  1. (株式)バンガード・U.S. 500 ストック・インデックス・ファンド <米国>
  2. (株式)バンガード・ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド <欧州>
  3. (株式)バンガード・ジャパン・ストック・インデックス・ファンド <日本>
  4. (株式)バンガード・パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンド <日本を除くアジア>
  5. (株式)バンガード・エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド <新興国>
  6. (債券)バンガード・U.S.・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド <米国債>
  7. (債券)バンガード・ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド <欧州債>
  8. (債券)バンガード・ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド <日本債>

米国ETFを自分で買っている人からすると、「個別に自分で米国ETFを買った方が手数料が安く済むのではないか?」と思うかもしれませんが、この8本の銘柄は機関投資しか買えないものなので、微妙に中身が違います。

つまり、「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」じゃないと投資できない銘柄ということです。

セゾン投信【公式】:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド »

関連情報

◎セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド商品説明動画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る