REIT(リート)

REIT(リート)の投資先、分配金、リスク、メリット、投資額について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

REITなら不動産に小口で投資できて分配金ももらえる!

不動産投資をしたいけど、そんなお金はない・・・

そんな人にオススメなのが「REIT(リート)」です。

なぜなら、「REIT(リート)」なら少額から不動産に投資できるからです。

REIT(リート)とは

REIT(リート)とは「Real Estate Investment Trust」の略で、日本語だと「不動産投資信託」と言われています。

「Real Estate」は日本語だと「不動産」を意味し、「Investment Trust」は「投資信託」を意味します。

投資家から集めた資金や銀行からの借り入れ金を不動産に投資し、賃料や売却益を投資家に分配金として還元する仕組みです。

まるで家賃収入を得るように、分配金を得ることができます。

元々はアメリカで生まれた仕組みですが、日本では2001年に登場し、「J-REIT(ジェイ・リート)」と呼ばれています。

個人投資家は個別株と同様に、証券会社でREIT(リート)を売買できます。

REIT(リート)の投資先

REIT(リート)の投資先は不動産ですが、不動産と言っても様々です。

以前はオフィスビルやマンション、ショッピングセンターなどの商業施設が中心でしたが、最近では多様化しています。

たとえば、ホテルや配送センターなどの物流施設、有料老人ホームなどです。

今後は病院を投資対象とするREITも生まれてきそうです。

ちなみに、不動産には景気に左右されやすいものと左右されにくいものがあります。

一般的には、オフィスは景気に左右されやすく、マンションは左右されにくい投資先と言われています。

REIT(リート)から得られる分配金について

個別株を買うと年に2回ほど「配当金」を得ることができるように、REIT(リート)を買うと「分配金」を得ることができます。

どちらも、利益から配分されるものですが、その仕組みに違いがあります。

個別株の場合、利益から法人税などが引かれ、残ったお金の一部が配分に回ります。東証1部に上場している企業の場合、平均配当利回りは1.9%ほどです。

一方、REIT(リート)の場合、配当可能な利益の90%以上を分配金に回り、しかも法人税がほとんどかかりません。

つまり、REIT(リート)なら利益のほとんどを分配金にまわせるのです。

そのため、REIT(リート)の分配利回りは高く、東証に上場しているREIT(リート) の平均利回りは3.7%ほどです。(2015年10月現在)

日本の長期金利は0.3%ほどなので、REIT(リート)の分配金利回りの高さが実感できます。

分配金利回りは以下の数式で計算できます。

◎分配金利回り = 分配金 ÷ 投資口価格

分配金利回りは高ければ高いほど、分配される金額が増えるので魅力的です。

このようにREIT(リート)は利回りが高いので、インカムゲイン投資をしている投資家に人気になっています。

参考:日本取引所グループ:REIT一覧

REIT(リート)のリスク

一般的にREIT(リート)は、株式(ハイリスク・ハイリターン)と債券(ローリスク・ローリターン)の中間にある「ミドルリスク・ミドルリターン」の資産と言われています。

しかし、昨今は金融緩和であふれたお金がREIT(リート)に向いているため、値動きが以前よりも大きくなり、「ハイリスク・ハイリターン」になっているという声もあります。

REIT(リート)のメリット

REIT(リート)の1番のメリットは低コストでリスク分散できるところです。

たとえば、1500万円で賃貸用1Rマンションに投資したとしても、その部屋が埋まらなければ賃料が入ってきません。つまり、常に空室リスクがつきまといますし、部屋が1つしかないので、その部屋が空室なら空室率は100%になってしまいます。

一方、REIT(リート)の場合、1つの銘柄で複数の不動産に投資できるので、空室リスクを圧倒的に低くできます。

仮に、一部屋だけ空室になったとしても、他の部屋から賃料が入ってきます。

このように、複数の不動産や部屋に投資できるので、いっぺんに賃料がなくなるリスクを小さくできるというのが、REITのメリットです。

また、オフィスやマンションを自分で買うより、ずーと安い価格で購入することができるのもメリットと言えます。

いくらから買えるの?最低投資額はどのくらい?

REIT(リート)は1口単位で売買します。

投資額は高くても百数十万円、安ければ数万円の銘柄もあります。

家賃を受け取る権利を小口化して売っているので、オフィスビルやマンションを買うよりはるかに少額で投資できます。

iシェアーズ Jリート ETF」などのETFなら1500円前後から購入できるものもあります。

日本の不動産に投資するものなら「東証REIT指数」に連動するETFがありますし、アメリカの不動産にREITという形で投資したいなら「ダウ・ジョーンズ米国不動産指数」に連動するETFがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る