IPO(新規公開株)

郵政3社を過去の民営化案件や同業他社と比較!買いか?売りか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

郵政3社

昨日、日本郵政の売出価格が1400円に決まりました。

これで郵政3社(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命)の売出価格が全て決まったことになります。

あとは、11月4日(水)の上場を待つだけです。

東証1部銘柄ですし、公開株数もずば抜けて多い銘柄なので、初値で大きく飛ぶことはないと思われますが、それ以上に配当や今後の成長が気になる銘柄でもあります。

現状では高配当銘柄になると言われおり、それが人気要因になっていますが、高配当を維持するには会社の成長は必須です。

というわけで、郵政3社(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命)を過去の民営化案件や同業他社と比較してみようと思います。

歴史は繰り返す・・・これは郵政3社にも当てはまるのでしょうか?

郵政3社のIPO 公募条件

まずは、郵政3社の公募条件について。

仮条件 売出価格 公開株数
日本郵政 1,100円 ~ 1,400円 1,400円 495,000,000
ゆうちょ銀行 1,250円 ~ 1,450円 1,450円 412,442,300
かんぽ生命 1,900円 ~ 2,200円 2,200円 66,000,000

3銘柄ともに仮条件の上限で決まったので、供給よりも多くの申込があったことが伺えます。

過去の民営化案件との比較

NTTやJR、JTといった過去の民営化案件の上場後の推移との比較です。

上場時期 売出価格 初値 1年後の騰落率
NTT 1987年2月 119万7000円 160万円 40%
JR東日本 1993年10月 38万円 60万円 -20%
JT 1994年10月 143万8000円 119万円 -27%
JR東海 1997年10月 35万9000円 38万3000円 46%
日本郵政 2015年11月 1,400円 ?? ??
ゆうちょ銀行 2015年11月 1,450円 ?? ??
かんぽ生命 2015年11月 2,200円 ?? ??

ソース:日本経済新聞 – 時価総額、3社で14兆円 株価動向、市場全体に影響

昔はIPOはある程度の資金がある人しか申し込めなかったことが分かります。

でも、郵政3社については14万円〜22万円から申し込めます。

仮条件の金額が低かったことも、申込が多かった理由の1つでしょう。

同業他社との比較

配当利回りは東証1部の平均だと1.9%ほどです。

PBRは数字が小さければ小さいほど、その銘柄は割安と考えられ、1倍以下なら割安と見なされます。

郵政3社は公開株数が非常に多かったことと、前評判があまり良くなかったことで、仮条件の価格をだいぶ低めに見積もったという声もあります。

そのせいか、売出価格から見るPBRは非常に割安という評価になっています。

日本郵政と同業他社
時価総額
(億円)
売上高
(経常収益、億円)
純利益
(億円)
配当利回り PBR
日本郵政 63,000 142,588 4,826 3.3% 0.41
ヤマトHD 11,028 13,967 375 1.0% 1.86
日通 6,549 19,249 263 1.6% 1.18
ゆうちょ銀行と同業他社
時価総額
(億円)
売上高
(経常収益、億円)
純利益
(億円)
配当利回り PBR
ゆうちょ銀行 65,250 20,781 3,694 3.4% 0.47
三菱UFJ銀行 111,905 56,384 10.337 2.3% 0.71
三井住友銀行 69,232 48,512 7,536 3.1% 0.74
みずほ銀行 61,779 31,802 6,119 3.0% 0.77
かんぽ生命と同業他社
時価総額
(億円)
売上高
(経常収益、億円)
純利益
(億円)
配当利回り PBR
かんぽ生命 13,200 101,692 817 2.5% 0.67
第一生命 25,697 71,522 1,424 1.6% 0.70
T&D 11,149 24,121 942 1.5% 0.79

ソース:日本経済新聞 – 郵政3社 個人が関心 日本郵政株、上限の1400円に 高配当など着目 長期保有、成長性カギに

株価の動きを勝手に予想

当たるかどうか分かりませんが、郵政3社の株価の動きを予想してみようと思います。

まず、初値ですが、過去の東証1部の初値騰落率を見る限り、あまり期待できないと思われます。

10%でも上がればいいのではないでしょうか?

初値売りですぐに利益確定してくる投資家もそれなりにいるでしょうし、配当利回りが高いので、配当狙いで初値売りをせず長期ホールドをする投資家も多いと思われます。

そして、半年くらいは上げたり下げたりを繰り返すと思います。

ただ、3社ともにPBRが非常に低いので、上場段階ですでに割安ということで、大きく下がることもないと思われます。

その後は指数に連動する投資信託などに組み込まれるでしょうから、徐々に株価は安定してくると思います。

ただ、成長戦略が描けなければ、株価は下がるものなので、今後、どんな成長戦略を描いていけるかがポイントになります。

私としては、日本郵政には郵便局を上手に使って欲しいと思っています。

郵便局は駅近の資産価値が高い場所にあります。

たとえば、横浜中央郵便局は横浜駅の隣にあります。

しかし、現在は郵便局しかありません。

これを高層タワーにして、1階に郵便局、2〜10階はオフィス、11〜30階は高級レジデンス、31〜36階は高級ホテルといった虎ノ門ヒルズのような建物にすれば、多くの家賃収入が見込めます。

ようは、駅近物件の空中権を活かせということです。

JRもルミネという空中権を使って、鉄道以外の安定収入を得ています。

こういった大胆な戦略を描けたら、大きく化けるかもしれません。

その時は、投資家は配当だけでなく、キャピタルゲインも期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る