投資信託

投資信託を始めるならノーロードで信託報酬が安い低コストな投資信託を選ぶべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

信託報酬が高すぎて利益がほとんど出ていないじゃん。。。

投資信託への投資を始める場合、コスト(手数料)を重視して投資先を選ぶことは非常に重要です。

しかし、日本の投資信託はコスト(手数料)が高いものが多すぎます。。

特に、銀行の窓口で販売しているような投資信託はコスト(手数料)が非常に高く、ほとんど投資する価値がないと思えるものも少なくありません。

今回は、これから投資信託への投資を考えている人に向けて、投資信託のコスト(手数料)について解説します。

そして、最後にはコスト(手数料)が安いオススメの投資信託も紹介します!

投資信託のコスト(手数料)は3つ

投資信託のコスト(手数料)は主に以下の3つあります。

  1. 購入時手数料・・・購入する時に1回だけかかる手数料。銀行窓口で販売されている投資信託は3%前後のものが多いが、ネット証券などで購入できるコストの安い投資信託の場合、0円が一般的。購入時手数料が0円のことを「ノーロード」と言う。
  2. 信託報酬・・・投資信託を保有している間、毎年かかる手数料。長期投資を考えているなら、これを一番重視すべき。
  3. 信託財産留保額・・・投資信託を解約する時にかかる手数料。0円のものもある。3つの中では負担は一番少ない。

特に重視すべきは「購入時手数料」と「信託報酬」です。

購入時手数料

購入時手数料はできるだけノーロード(0円)のものを選ぶべきです。

というのも、たとえば購入時手数料が3%だと、100万円を投資したら97万円からのスタートになってしまうからです。

それは、つまり、その投資信託が3%以上のリターンを上げないと、利益が出ないということです。

また、同じ投資信託でも、銀行窓口だと3%だけと、ネット証券だとノーロードということもあるので注意が必要です。

手数料を安く買いたいなら、ネット証券で買うのが一般的と覚えておくといいでしょう。

信託報酬

信託報酬は購入時手数料以上に重視すべきです。

なぜなら、投資信託を保有している間、ずーとかかってくるからです。

仮に、信託報酬が1.5%だと1年で1.5%、3年で4.5%、10年で15%、30年で45%のコストがかかるということです。

30年間も長期投資をして、45%のリターンが出たとしても、45%の信託報酬を引かれるので、損益はトントンとなってしまいます。。

30年間も投資して利益なしって悲しすぎますよね。。

銀行窓口で販売している投資信託は信託報酬が1.5%前後のものが一般的なので注意が必要です。

信託報酬にシビアになりすぎていけない理由はありません。シビアになるべきです。

日本の売れ筋投資信託は、コストが高すぎる!

日本経済新聞に「海外株に投資する高い分配金が魅力の投資信託が売れている」といった内容の記事がありましたが、どんなに分配金が高くてもコストが高かったら利益はそれほど得られません。

この記事で紹介されていた投資信託は以下の4つです。

<海外高配当 投資信託>
投資信託 購入時手数料 信託報酬 解約時信託財産留保額
アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型) 3.24% 1.74% 0.3%
野村グローバル高配当株プレミアム(通貨セレクトコース)毎月分配型 4.32% 2.05% 0.3%
世界高配当株セレクト(目標払出し型)毎月決算・為替ヘッジなしコース 3.78% 1.92% 0.25%
ニッセイグローバル好配当株式プラス(毎月決算型) 3.24% 1.71% 0%

ソース:<日本経済新聞>海外株投信の人気根強く 高い分配金が魅力、資金流入

このように、購入時手数料も信託報酬も非常に高いです。

<結論>投資信託は銀行窓口で買うな!

銀行ではアナタが儲かる投資信託を販売してくれません。

銀行が儲かる投資信託を勧めてきます。勧めてきますというか、それしか売っていません。

銀行が儲かる投資信託とは、コスト(手数料)が高い投資信託です。

なので、投資信託を始めようと思ったら、銀行窓口に相談に行ってはいけません。これはすごく重要なことです。

投資信託で資産運用をしようと思ったら、先ず最初にやるべきことは、ネット証券に口座開設することです。

口座開設すべきネット証券

日本で多くに人に利用されているネット証券は以下の3社です。

この3社から1社だけ選んでおけば間違いないです。

投資する価値のあるオススメの低コスト投資信託

最後の低コストの投資信託を紹介します。

ここから選んでおけば手数料で損することはありません。

指数に連動するものなので、ファンドマネージャーの手間がかからず、コストを安く提供できるのです。

そして、投資信託で長期投資をしている投資家にも非常に人気の銘柄となっています。

基本的にネット証券で購入すれば、購入時手数料はノーロード(0円)の銘柄です。

<国内株式>TOPIX(東証株価指数)の動きに連動
投資信託 投信会社名 購入時手数料 信託報酬 解約時信託財産留保額
ニッセイTOPIXインデックスファンド ニッセイアセットマネジメント 0% 0.32% 0%
日本株式インデックスe 三井住友トラスト・アセットマネジメント 0% 0.40% 0%
SMT TOPIXインデックス・オープン 三井住友トラスト・アセットマネジメント 0% 0.40% 0.05%
eMAXIS TOPIXインデックス 三菱UFJ国際投信 0% 0.43% 0%
<先進国株式>MSCIコクサイ インデックスに連動
投資信託 投信会社名 購入時手数料 信託報酬 解約時信託財産留保額
ニッセイ 外国株式インデックスファンド ニッセイアセットマネジメント 0% 0.46% 0%
外国株式インデックスe 三井住友トラスト・アセットマネジメント 0% 0.54% 0%
SMT グローバル株式インデックス 三井住友トラスト・アセットマネジメント 0% 0.54% 0.05%
eMAXIS 先進国株式インデックス 三菱UFJ国際投信 0% 0.65% 0%
<新興国株式>MSCIエマージング・マーケット・インデックスと連動
投資信託 投信会社名 購入時手数料 信託報酬 解約時信託財産留保額
eMAXIS 新興国株式インデックス 三菱UFJ国際投信 0% 0.65% 0.3%
SMT 新興国株式インデックス・オープン 三井住友トラスト・アセットマネジメント 0% 0.65% 0.3%
野村 インデックスファンド・新興国株式(Funds-i 新興国株式) 野村アセットマネジメント 0% 0.65% 0.3%

上記のようなノーロードで信託報酬が1%以下の銘柄を選ぶことにより、アナタの投資信託への投資は素晴らしいスタートを切ることができるでしょう。

投資初心者こそ、銀行窓口で投資信託を買いがちなので注意して下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る