投資信託

投資信託の値段「基準価額」について知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資信託の値段は基準価額 単位は口数

株の値段のことを「株価」と言いますが、投資信託の値段は「基準価額(きじゅんかがく)」と言います。

基準価額が1万円の時に購入して、1年後に基準価額が1万2000円に上がった時に売れば、売却益(キャピタルゲイン)を得ることができます。

逆に、どうしてもお金が必要になり、基準価額が9000円の時に売ってしまえば、損失が発生します。

投資信託の単位

株の場合、単位は「1株」や「100株」などと言いますが、投資信託の場合は「1口」や「100口」と、口数で単位を表します。

基本的に、基準価額は「一万口当たり◯◯円」で表示されています。

投資信託の値段は1日1回だけ決まる

意外と知られていませんが、投資信託の値段、つまり「基準価額」は1日に1回だけ決まります。

個別株式は常に株価が変動していますが、投資信託の場合、組み込まれた銘柄の終値(おわりね)が決まった時点で値段が決まります。

日本の株式市場は15時に閉まるので、投資信託の基準価額(値段)は夕方頃に決まるということです。

投資信託の基準価額の決まり方

投資信託の基準価額は以下の数式で決まります。

◎純資産総額(投資信託に組み込まれている銘柄の評価額の合計)÷ 受益権総口数(投資信託を持っている人の口数の合計)

仮に、1万円しか投資資金がなくて、基準価額が12,000円でも、その投資信託は購入することができます。

先ほども説明した通り、投資信託の基準価額は「一万口当たり◯◯円」なので、1万円で購入できるだけの口数を買うことになるのです。

基準価額が下がっても落ち込むことはない

投資信託の「基準価額」は株の「株価」のようなものなので、「基準価額」が下がると損した気分になり落ち込む人がいますが、全く落ち込む必要はありません。

特に、アナタが投資信託の積立(定期定額購入)をしているなら、むしろ将来的に含み益が増えるチャンスの時期とも言えます。

なぜなら、基準価額が下がったということは、同じ値段でいつもよりも多くの口数を買えるからです。

基準価額が1万円だった時、1万円で買うことができる口数は10,000口です。

でも、基準価額が8000円に下がれば、1万円で12,500口も購入できます。

将来、基準価額が12000円くらいまで上がった時に、口数が多い方が含み益も増えます。

つまり、基準価額が下がった時は投資信託の口数を増やして将来に備えるチャンスということです。

なので、全く落ち込む必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る