投資信託

投資信託が投資初心者にオススメの理由と株にはない3つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

投資信託の 株にはない 3つのメリット

投資をしてみたいけど、株式投資って難しそう・・・

そんな人にオススメなのが投資信託です。

ここでは、投資初心者のために、株にはない投資信託の3つのメリットについて説明します!

この記事を読めば、投資信託がなぜ投資初心者にオススメなのか、その理由が分かるはずです。

1)投資信託なら海外の有名企業にも投資できる!

投資信託とはひとことで言ってしまえば、「たくさんの会社の株が入ったパッケージ」みたいなものです。

1社1社、自分で投資先を選ぶのではなく、ファンドマネージャーが有望な会社の株を数社から数千社と詰め合わせて1のパッケージとして販売します。

そのため、海外の優良企業にも簡単に投資できます。

たとえば、先進国株式に広く投資する投資信託なら、グーグルやアップル、マイクロソフト、エクソンモービルといった世界を代表するような会社にも日本から投資できてしまうのです。

もし、グーグルだけに日本から投資したいと思ったら、ネット証券で口座開設して、それから「外国株取引口座」を開設して、日本円を米ドルに両替してから購入する必要があります。

これって、けっこう敷居が高いですよね?

でも、投資信託ならネット証券で口座開設だけすれば、買いたい銘柄を日本円で購入できます。

海外の一流企業にも簡単に投資できてしまうのです。

個人では投資しずらい地域にも気軽に投資できることが、投資信託の1つ目のメリットです。

2)投資信託なら少額で大企業に投資できる!

投資信託は1万円前後から購入可能です。

個別株に投資する株式投資の場合、1万円で買える銘柄はほとんどありません。

たとえば、ユニクロの株を買おうとした場合、ユニクロの現在の株価は43,870円で100株単位で購入できるので、最低購入額は438万7000円です。

ユニクロの株だけを買おうとすると、このように金持ちじゃないと買えない金額なのです。

でも、ユニクロが組み込まれた投資信託なら1万円程度から購入可能です。

つまり、投資信託は少額から投資が始められるというメリットがあるということです。

日本では「投資はお金持ちがするもの」というイメージを持っている人が少なくありませんが、投資信託なら手取り20万円の新入社員でも始められます。

3)投資信託なら毎月積立投資ができる!

投資信託の場合、毎月積立投資ができます。

最近では500円から積立できるものもあるくらいです。

毎月積立投資は「定期定額購入」などと言われることもありますが、銀行口座から自動的に指定した金額が毎月引き落とされ、その金額で指定した銘柄を購入します。

最初に設定すれば、あとは株価を気にせずにほったらかしで投資できるので、長期投資に向いている投資法です。

人によっては20〜30年と積立てている人もいます。

銀行口座にお金があるとついつい使ってしまうという貯金ベタな人は、投資信託の積立で別口座で管理すれば、いつの間にかすごい金額が貯まっていた・・・なんてことも。

積立投資は個別株にはないメリットなので、投資信託をやろうと思っている人は考慮する価値ありです。

ただし、長期投資をする場合は、毎年かかる信託報酬というコストが低いものに投資するようにしましょう。

信託報酬が1%ということは、10年で10%、20年で20%のコストが引かれるということですから。

信託報酬が0.5%前後の投資信託で積立することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る